スポンサー広告

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ひめ

ひめのお客様

日曜日のお客様にお会いする前は少しだけ緊張した。
でもお二人ともとてもすてきな方でした。
ひめのお客様シュ

いつもスリッパとかをめちゃくちゃにするわ、飛びついちゃうわでなかなかお客様に中に入っていただけないのでシュワンツは扉を閉めてリビングで待機。
功を奏してか無事に(わたし的にはだけどあちらはどう思われたか)歓迎のご挨拶を済ませたシュワンツだった。ほ~
そんな我が家にひめの贈り物を届けてくださるのは
森 絵都さんとスギヤマ カナヨさん
今、毎日新聞に隔週で犬の記事を連載中。
メールでそのコラムにひめの事をと連絡いただいたときはいたずらかと思った。
びっくりでしょ?
でも、この時、「また、ひめのためにしてあげることができた」ととてもうれしかった。
ひめのお客様

髪の長い方が森絵都さん、帽子の方がスギヤマカナヨさん

当然、犬好きなのでもっとお話したかった。

記念写真なのにシュワンツったらお腹出してそれどころじゃない状態。
お腹をなでられて至福の時なのだった。
ひめのお客様ひめ

「ちゃんと私の事話してくれた?」

ひめが来てからたいへんなことはあったはずなんだけど聞かれるとなんにも出て来ないし、
ひめがうちに来る前の苦労話っていうのも、もっと悲惨な犬達はたくさんいるし、記事にするにはまとまりの無い話ばかりになっちゃったよ。
でも、話しをしながら思ったのは、放浪犬になる前フィラリアに感染させられるような飼い主のところではおびえながらの生活だったような雰囲気はあったけど捨てられたにしろ迷子だったにしろ放浪しているときはそれなりに楽しんでいたのかもしれない。
私から食べ物をもらった後、警戒心など見られないのに、私には付いて来ずに山に入って行くときはとても楽しそうだったし、保護したあとすぐ脱走してもとの場所でお昼寝していたし。
とにかく彼女はとてもさっそうとしていて強くて楽しそうでときには面白くてそんなひめの魔法にかかっちゃたんだな。
だから、よく、
「ひめちゃんはいい人に拾われて幸せになってよかったね」
と言われたけど、
「ひめが自分で自分を幸せにした」
そんな感じがする。
そんなことを伝えられただろうか。
シュひめを語る

「ひめがいて心強かったけどさあ、車で二人で留守番しているとき、ボクはお利口にしているのにひめは運転席まで行ったり、ボクを押しのけて外を見たりそんなこともあってタジタジだったんだから」
はいはい、シュワンツがひめを室内犬として教育してくれたのはちゃんと知っていますよ。
「ご飯」は「お座りして待つ(よだれには注意)」
「散歩」は「しっぽをブンブンふって喜びをアピールする」
気が向けばナデナデしてくれる
ときにはあきらめが肝心
「ピンポン」ってドアのチャイムが鳴ったら「ワワン!!」と吠える
スリッパはおもちゃ(こら~)・・・調子に乗るとときどき怒られる

ひめのビデオを編集したり、ブログや日記を読み返したりしていろいろひめの事を思い出せてよかった。
ビデオの中でひめはおなかを出して気持ち良さそうにお昼寝していたり、鼻先のとかげにポイントして動かなかったり、風のように走り回っていた。
ただ、具合が悪くなりひめのそばで夜寝るようになったある夜中、ふと、目を覚ました時、ひめが目をしっかり開けて私を見ていた。
あの時、何を言いたくて私を見ていたんだろう?
辛い?お水?チー? そっとなでてあげたけどあのときほど言いたい事がわかればと思ったときはない。
暖かくなって来たからそろそろひめの好きだった山、海、川にひめを連れて行って放してあげよう。

ひめちゃん、有名犬になっちゃうの?
で、バジル子さんは有名飼い主になっちゃうのだわ。
すごいぞ~。

え~!

有名飼い主~?
それはないわ~。
森絵都さんもきっとひめの魔力に引き寄せられてしまったに違いない。
おそるべし、ひめ!

ひめちゃん

ひめちゃんの人を引きつける力はやっぱり特別だったのかも。
その特別な力をやさしく引き出したのは
やっぱりバジル子さんの特別な力。
そんなふうに感じるのは私だけじゃないと思うわ。

シュワンツのお腹だしポーズが取材に来られた方々の犬好き加減が良~く伝わっていい感じ♪Uo≧∇≦)ノ<

毎日新聞じゃない我が家は、どーやってそのコラムを読んだらいいのかしら。教えてね

健太ママンさん

え~!
私も魔力持ち?
それならみんな魔力を持っているんだな。
我が家も毎日新聞じゃないのでお話があったときは毎日新聞のホームページで調べました。
トップ> ライフスタイル>森絵都の「君と一緒に生きよう」
で見ましたよ。

バジル子さん、こんにちは♪
スゴイですね~。ひめちゃんは・・・。
ちょっと、ひめちゃんとのエピソードにウルっときちゃいました。

お恥ずかしい話、森絵都さんの本は直木賞受賞作の「風に舞いあがるビニールシート」しか読んだことがございません・・・。
私的にここ数年の直木賞や芥川賞の受賞作品の作品構成が少し苦手だと感じていた中、森さんの「風に舞いあがるビニールシート」は久しぶりに心温まるとても素敵な作品だったと記憶しています。
ボランティア活動をして預かっていたワンコちゃんが可愛くなくて病気持ちだった為、里親さんが何年も見付からなかったとき、その方の義母が「里親になりたいのだ」と申し出たシーンは電車の中でしたが、構わず号泣してしまったのを思い出します。
そういえば、森さんはその本の中にセッターの名前を出していたから、セッターが好きなのかしら?そんな森絵都さんがどんなふうに描いて下さるのか、楽しみです♪

シュワンツくんはかっこいいタイを付けて凛々しいですね♪「ぼくが教えたんだい!」って言ってるのかな???

asamiさん

恥ずかしくないですよ。そんなこと言ったら私、最近読むのはノンフィクションか絵本で森絵都さんを知らなくて失礼しました。
私もasamiさんが号泣したその話、やっぱり泣いちゃった(#^^#)
映画になった「カラフル」も読んでみたらすっごくおもしろくて一気に読んじゃいました。
本と言えばロッシの写真集!!ありがとうございました。感謝です!

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

バジル子

  • Author:バジル子
  • 1996年以来犬漬けの生活、1998年から犬猫毛だらけの生活へ突入
    シュワンツ:黒ラブ♂1996/4/19生
    ひめ:E・セッター♀1996年位生2007年風になる
    みゅう:猫♀1998年5月頃
    ロッシ:猫♂2003年6月頃
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
fromWAN

fromwam

最近のトラックバック
ブロとも申請フォーム
ブログ内検索
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。