スポンサー広告

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

シュワンツ

歯の治療

28日の歯の治療のために全身麻酔をするため健康状態のチェックで
血液検査と体のレントゲンをいつものS病院で撮ってもらった。
肝臓の値が少し悪かったが経過観察していく程度で今の所は血液検査の結果はまずまず。
レントゲンは・・・
レントゲン

変形性脊椎症・・やっぱりきたか。いつかひめも診断された病気
無理な運動させたりあまり寒くしたりしないように気をつけよう。
そして心配なのは前立腺が少し大きくなってきているって
今の所は症状も無いんだけどこれから注意してみなくちゃ。
さて、28日。
前の晩眠れなかった~。
いつもより1時間早く起きるだけなのに寝坊しちゃいけないっていう緊張があったのか、
初めての病院に全身麻酔の治療と不安が大きかったのか、
とにかく何度も目が覚めて行きの車の中で気持ち悪くなっちゃった。
シュワンツはなにもわからないから
行き

いつもの楽しいお出かけかといそいそと車に乗り込んだあと
申し訳なさでいっぱい
行きの富士山

遠くに富士山が見えてる。
遊びだったらどんなにいいかしら。
岩槻

渋滞のため2時間40分くらいかかったけど余裕をもって出発したので予約より30分ほど早めに付く事ができた。
大きな病院だから高飛車なドクターだったら嫌だなって思っていたけどそうでもなくてホッとした。
だけどどこにきたのかわかったシュワンツは大嫌いな診察台の上で固まったのだった。
診察の結果はやはり左右の歯とも残す事は無理だった。
さらに、
「犬歯が上下ともかなりすり減っていて露髄している状態である。
根幹が炎症を起こしているようであればやはり治療が必要だろう」
と言われた。
ああ、そうなんです、先生、若い頃フリスビー遊びに一生懸命だったから。
でもそうと気がついてからはやってません。
右上の一本青くなっている犬歯は神経が死んでいるだろうことも、6、7年前に気がついていました。
でもそれ以上変化して来る事はなかったからこのまま行けるだろうと思っていました。
その歯にも手を付けるというのですか。



1日でそこまでやるのは年齢てきに危険と言う事で割れている臼歯2本の抜歯のみの処置となった。



待っている間、ひょっとしたら右の1本は残せたんじゃないかとの淡い期待は露と消えた。
粉々に砕けた歯と縫合した歯肉。
自分の管理の悪さにうちひしがれた様子を察したのか
先生が
「ラブで12歳は長生きですよ」
といつかどこかで聞いたような「あなたは頑張ってます」というふうに慰めてくださったけどやっぱり結果がこれでは慰めにはならないのだった。
とにかく無事に麻酔から覚めてシュワンツが帰って来てくれてよかった。
先生の話しを聞いている間、診察室のドアの方を向いてお座りしている姿は私たちに怒っているようにも見えた。
歯を2本なくしたけど幸いだったのは犬歯、4本のうち3本は大丈夫だった。
青くなっていた1本は抜かなくてもいいが根幹治療をして詰め物をする。
全身麻酔は必要だけど。
怖かった治療費も8万2千円ほどで済んだ。
安い金額じゃないけど何十万もするんじゃないかとビクビクしていたから少しホッとした。
細いスネがますます細るよ。
薬を2週間分、3種類と痛み止め2錠もらい2月16日に予約を取る。
まだ、少しふらつき気味のシュワンツは車に乗るとホッとしたようだった。
帰り

柔らかいものならもう食事をさせても良いとの事だったので
ひめ用に病院から買った高栄養食が残っていたのでそれを食べさせふと見たら
両ほほが腫れてる~ちょっとゴジラみたいになっている。
そりゃそうだよね。
血も出ているしそのせいかお水も飲みたいけど飲めないような感じにしていた。
ベットに横になってもしばらく震えていたのは怖かったんだなあ。
それとも寒い?毛布をかけてしばらくなでてあげていたらやっと震えがおさまった。
怖い事があっても私たちのこと頼ってこないシュワンツはこの件でますます私たちに対する信頼なくしちゃったかもなあ。
その夜は体温が低くなっているので冷えないように気をつけてと言われたので湯たんぽを入れてあげる。
午前2時半頃、ベットからでてうろうろし始めたので排泄かと思ったが水を飲んだあとベットに戻った。
湯たんぽにあごを乗せてその後は朝まで良く寝ていた。
今日は排泄、食欲もいつも通り、ほほの腫れも治まって来た。
あいにくの模様の寒い天気だけどおかげでロッシも大人しくてシュワンツもよく寝ている。
プラスチックのディスクで遊ばせてはいけない。
犬のおやつとして売っているからと言っても固い物をあげるのは危険だとT・J君にも教えてあげなくちゃ。

そろそろお散歩の時間。
暖かくさせて出かけよう。

No title

シュワンツ君、抜歯が無事に済んでよかった。
バジル子さんも、旦那様も、遠くの知らない病院まではるばる来て、疲れたでしょう。ましてや、シュワンツ君の手術という大事をかかえての車移動だしね。
来月もまた、治療に行くのね。大変だけど、それで解決するなら OK だね。

No title

パパさんママさん、そしてシュワンツ君。お疲れ様でした。
納得できる病院にめぐり合えたようでよかったですね。

「ラブで12歳は長生きですよ」
ひめちゃんもシュワンツ君も幸せですね。
もちろんお笑い担当?のロッシとみゅうもね。

No title

無事に手術が終わって良かったですね^^
シュワンツくんよく頑張りました!
まだまだこれからもいっぱい食べて
長生きしなくっちゃね^^
次回の病院もお気をつけて~

No title

バジル子さん、おつかれさまでした。
シュワンツくんもよーく頑張りました!
治療、無事に済んで何よりです。
私もホッとしました。
自分が病気になったり怪我したりするほうが
どんなに気が楽か、ですよね。

楽もパピーの頃、硬いオモチャで遊びすぎて
歯が無くなっちゃったんです。2本も・・・・
弊害はヨダレがそこから流れ出ちゃうくらいでしたが
あまり歯のお手入れはしてあげてないから
チェックしていかないといけませんね。。。

まだまだ寒いし
シュワンツくんも、バジル子さんも
温かくしてお散歩に出かけてくださいね!^^

baba-nekoさん

ほんとに疲れました。
帰って来てからお腹が痛くなりました。(プレッシャーとかにすっごく弱いんです)
なんだかシュワンツはまだ元気がないようで
絶対次に行ったときは最初から怖がりそう。
次の治療は出来ればしたくないのですけどもしもこの先また何かあったらと思うと少しでも若いうちにと思ったりして。
判断は本当に難しくて辛いですね。

健太ママンさん

今時12歳なんてまだまだじゃないかなあ。
幼なじみはみんな元気ぴんぴんだし。
でも、さすがにラブ以上の大きさで先輩犬は知らなくなって来たかなあ。
健太君のお友達はどうですか?
猫族は20歳超える子いるんだよ。
そのうち猫又と言ってシッポが2本になるとか~・・・・・

yuri さん

食欲は落ちない食いしん坊ラブですからね。
こっちもあの食いっぷりを見ていると作りがいがあります。
ただ、最近体重が減って22キロ台なので少し増やしたいと思っているんだけどなかなか増えないんだよね。
まだまだ元気で長生きしてもらわなくちゃ。
シュワンツも私もがんばります。


sachiさん

え~楽ちゃんそうなの?
犬歯?折れちゃったの?
お友達のラブが若い頃犬歯を折っちゃったんだけど病院の先生に
「このままにしているしかありません」
と言われてそのままだけどこれまで特に問題にはならなかったみたい。
だから、歯が折れても人間ほどは問題にならないんじゃないかなあと思ったりして、だから次の治療したくない~

No title

御無沙汰しちゃってます…。ちょっとまとめて失礼させていただきますぅ・・・。
シュワンツくん、お疲れ様でした。。。
こんなときではありましたが折角の埼玉でしたからお会い出来れば良かったですね~。
ロッシは結局この日は病院に行ったけど問題ナシと言われましたが、先日最終の猟の最中に倒れてしまいました。
どうやら先天性の癲癇持ちのようです。。。ちょっとショック…。でも仕方ないですね。
根気良くお付き合いしていきます!

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

バジル子

  • Author:バジル子
  • 1996年以来犬漬けの生活、1998年から犬猫毛だらけの生活へ突入
    シュワンツ:黒ラブ♂1996/4/19生
    ひめ:E・セッター♀1996年位生2007年風になる
    みゅう:猫♀1998年5月頃
    ロッシ:猫♂2003年6月頃
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
fromWAN

fromwam

最近のトラックバック
ブロとも申請フォーム
ブログ内検索
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。