スポンサー広告

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ひめ

逆光

今は月に数日だけ仕事をしている。
3日の土曜日からずっと仕事だった。
シュワンツのお腹は落ち着いたと思ったら今度はひめがお腹を壊した。
朝、起きたらおしめからはみ出し
土曜日に排泄しなかったからだろうと思っていた。
その後、2、3度したようだったがゆるいことが多いので心配無いと思っていた。
しかし、翌月曜日の朝、またしても布団を汚していて
出かけるまでにお尻を2度洗った。
心配でお昼に一度帰って来たらまた汚していた。
そのあとは夕方、夜と・・・
食欲もグンと落ちた。
立てなくなって来た。
仕事に出ても気が気ではなくて戻れそうな時は戻って様子を見たりして生きていてくれているとホッとした。
あまりにも食べてくれないのでまた肺に水がたまってしまったのか?
腎臓の値が悪くなって気持ちが悪くなって食欲が落ちてしまったのか?
と金曜日、病院に連れて行った。
血液検査、レントゲンともに前回に比べて悪くなっている様子は無かった。
胃酸を抑える薬と胃腸の調子を整える薬、そして高栄養流動食を出してもらってその日は安心していた。
翌、11月10日、土曜日、明け方汚したお尻をお風呂場で洗った。
ひめはこの日水さえも飲もうとしなかった。
なのに私は無理矢理シリンジで流動食を飲ませて薬も飲ませた。(ごめん・ごめん・ごめん)
昼過ぎ、1時頃口から血が混じったようなよだれが出ているのに気がついた。
少し息づかいも荒かった。
オロオロしている間に今度はケホッとあきらかに血を吐いた。
夫も私も休みでよかった。
あわてて病院へ電話して連れて行く。
担当のドクターはお休みだったしお昼休み時間だったけど院長先生がすぐ診てくれた。
様子を見ただけだったけど。
「ひめちゃんも、お家の方も頑張っている事は担当の先生から聞いています。でもお別れの時期が近づいてきてはいます」
ひめは頑張っている。
私なんかは全然、全然だよ。
[お別れの時期が・・・]
と言われて涙が込み上げた。
けれどそれでもまだひめはまた立ち上がってくれるだろうと思っていた。
帰りにお尻拭きを買い、シーツを買い・・・
「レノンのパパさんが人間用ののおしめが良いよって教えてくれていたみたいだったな。モナミのママさんのブログを見に行ってみなくちゃ」
なんて考えながら家に帰りひめを寝かせた。
「今日は手足は暖かい方だなあ」
と少しなでて様子を見ていたけれど何かお昼ご飯を食べようと手を洗いに行って
食卓に座りふとひめを見ると
胸が動いていない!えっ?えっ?
胸に触った。あんなに大きく感じていた鼓動が感じない。
呼吸も少し荒かったのに今は静かで・・・・・・・・・・・・・
どうして!どうして!どうして!どうして!なんでそばを離れたのわたし!!!
ごめんね!ごねんね!!
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
昔、散歩していて私が油断したすきに公園からサッとお山の方や薮の中めがけて飛ぶように軽々と走って行ったときみたいに油断した私の手から風みたいにすり抜けていってしまった。
辛かったのに病院に行ったり来たりさせてごめんね。
無理矢理ご飯や薬のませてごめんね。
お風呂場まで運んでシャワーさせてごめんね。
なでて送ってあげられなくてごめんね。
花

バジル子さん、ひめちゃんの看病本当にお疲れ様でした。
ひめちゃんのご冥福をお祈り致します。

まさに 風...だ

 ひめ姉は そばを離れてくれた一瞬をつい 逝ったんだナ。
 そうでなければ逝けなかったんだナ。 なぜなら それがひめ姉だから...。                               叱ってくれて ありがとう。

心よりご冥福お祈りいたします。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

お疲れ

ページを開いた途端に涙が
この日が何時かくることは分かっていても
辛いですね

ひめちゃん、虹の橋で会おうね

バジル子さん。。。お疲れさまでした。
「ありがとうございました」

ひめちゃんは本当に風のように…
とても安らかなお顔してますね。
バジル子さんのおうちに来られて幸せでしたね。
心よりご冥福をお祈りしたします。

多分、

さりげなく、風になりたかったんちゃう?
かっこよすぎるよ、ひめ。

バジル子さん、疲れがでませんように。
ゆっくり休んでくださいね。

ひめちゃん、幸せだったよね。
さわやかで暖かい風のやさしい匂いがしてくるみたいです。

感謝の気持ちで一杯です

ひめに暖かい心をありがとうございます。
なかなか言葉では感謝の気持ちが言い表せなくて申し訳なくおもっています。
今はただ、本当にありがとうございました。

ひめちゃん、よく頑張ったね。・・・虹の橋で風となった、ひめちゃんが、きっとバジル子さん家族を包んでくれるはず。
バジル子さんの子になって本当に幸せだっただろうなと心より感じます。
ひめちゃんのご冥福をお祈りいたします。

不思議体験

ひめちゃんが旅立った日の多分3日くらい前の事でした、いつものようにチャッピーを散歩させていると、途中近所に病院の駐車場があるんですね、そこに小高くなった土手みたいな場所があって草がいっぱい生えていて暖かそうな場所に「イングリッシュセッター」が一人ですわっていたんですよ、そうひめちゃんそっくりな毛並みでした。ノラちゃんかなーと思ってみたらカラーはしてないんですが綺麗な毛並みなんですよ、この近所でこのワンちゃん飼ってるなんて聞いた事もなかったしなー?
知らないワンちゃんが来るとチャッピーが吠えたり向かって行きそうになるのに今回はじっとして動かなかったんですね、これも今思うと不思議な出来事でした、ひめちゃんの知らせを聞いた次の日に同じ場所へ散歩に行ったらもう姿が見えなかったんですね、その夜考えてもしかしたらひめちゃん、チャッピーに逢いに来てくれたのかなってお別れ言いに来てくれたのかなって、そんな気がします。たまたま偶然が重なってもしかしたらどこかのワンちゃんなのかもしれません、でも今はそう思いたいです。
ひめちゃんありがとうね。v-254

No title

・・・・びっくりしました・・
かわいいオムツのお話から
更新をしばらくなさっておられないので
ひめちゃんの看護に集中されて、
次はひめちゃんの笑顔のUPとばかり・・
コメントも差し上げずず~っと、
こさせていただいていたのですが、
あんまりに風のようにいってしまった「ひめちゃん」・・
とっても恥ずかしがりやさんだったんですね・・
バジル子さんにお別れをいうのも
気が引けちゃったのかな・・・やさしい子でしたね・・
どうぞ・・お体ご自愛くださいね・・
バジル子さんがシュンとしてらっしゃると
きっとひめちゃん・・心配しますから・・
ひめちゃん・・安らかに・・ご冥福を心からお祈りします。

cindymomさん

コメントありがとうございます。
もっと楽しいことが書けるとよかったのですが残念です。
私のことまで心配いただき本当に感謝しております。
ありがとうございました。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

バジル子

  • Author:バジル子
  • 1996年以来犬漬けの生活、1998年から犬猫毛だらけの生活へ突入
    シュワンツ:黒ラブ♂1996/4/19生
    ひめ:E・セッター♀1996年位生2007年風になる
    みゅう:猫♀1998年5月頃
    ロッシ:猫♂2003年6月頃
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
fromWAN

fromwam

最近のトラックバック
ブロとも申請フォーム
ブログ内検索
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。