スポンサー広告

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ひめ

思い出の散歩道

「バジル子ねえちゃんは今日お休みを取ったから久しぶりにゆっくり散歩してくれるんだって」
       散歩道

「山を下りて来たこの辺はあんまり車がこないし静かでのんびり歩けてお気に入りらしいよ。
ひめも山好きだからすっごい元気に歩くんだ。
ボクもまあ好きだけどいつもの匂いのするいつものコースの方が安心して好きかな」


      車
「ここでね、車の後ろの扉が開いたから乗ってあげたわけよ」
「ふ~ん、ここかあ、車の後ろの扉を開けたらひめが何の躊躇もしないで乗ったからびっくりしたって場所は」


      昼寝

 「いつも猫が何匹かいるんだけど、今日はいないね。
ここで昼寝をしてたらバジル子ちゃんたらあたしのこと死んだと思ったらしいわよ
ププッU^m^U」

       
      ごはん
「ここは、ご飯もらったとこ。おいしい缶詰だったわ」
「え~!!缶詰もらったの缶詰ってボクのごちそうだったんだぞ!!」


       帰って行った

「ご飯をあげたあとすっごい楽しそうにシッポを振ってあの山の中に入って行ったらしいけどそんなに林の中って楽しいのかなあ?」
「そりゃあ楽しいわよ。冒険よ。考えただけでわくわくしちゃう

こりゃあ~よからぬ相談してるんじゃない!!

あ!ここなのね、ひめちゃんを保護した場所って。ひめちゃん、覚えているのかな?
もう自分から山の中に入っていこうとするそぶりはみせない?それともまだ狩猟犬の本能が呼ぶかしら?
それにしてもさ、シーズンが終わったからって、さんざん自分のために働いてくれた犬を放棄する人って、いったいどんなヤツなんだろうね。

散歩道

なんだかいいなーー、のんびりしていて静かそうだし!こちらにはほとんどなくなってしまったので探すのがたいへんです、というか無いかも?
ひめちゃんにはいわくつきの場所なんですね、どんな思いなのかもし言葉が話せたら聞いてみたいです。
そういえばテレビで動物のテレパシー?で会話ができるという女性を紹介する番組がありましたけど、(ホントでしょうか?)
ご覧になりましたか?いちどじっくりチャッピーの気持ちを伝えてもらえたらなーなんて思います。
そうすれば具合が悪い時もすぐ分かるしね(笑)v-100

で、相談の結果、山の中へ冒険に言ったん?
それとも、バジル子ねえちゃんと一緒に散歩を続けたん?

この日記泣いちゃいますね。。。DOG STORYのひめちゃんとの出会いを読んだときの思いがよみがえりました。
私の父も猟をしていて、そのためにE・セッターを飼っているので「猟をしている人が時期が終わると捨てていく」という事実が信じられないのと、悲しいのと、何故か心苦しい気持ちと・・・複雑です。猟をする人は確か猟友会のようなところに登録をするのだったと思いますが、同じように連れて歩くパートナードッグも同時に登録させればいいのにと、いつも思います。実際は、その前に個人個人の資質の問題でしょうけれど。
今年もとうとう解禁の11月がやってきてしまいました。我が家のワンコ達も山へ行く季節です。去年父は迷子の猟犬を1頭連れて帰ってきたことがあります。一応無事に飼い主の元へ戻りましたが、その飼い主は「山へ連れて行ったら戻ってこなくなって暗くなったので置いてきてしまった。」というふざけたことを言っていました。その方へ返すのに不安を感じ、父が「いらないなら、私の知り合いの猟仲間へ譲ってもらえないか?」と提案しましたが、断られその飼い主の元へ戻っていったのです。あのワンちゃんが元気でいることを願いますが、毎年、猟解禁の終了時期には、これよりもひどい耳を塞ぎたくなるようなニュースを目にしなくてはならないのかと思うと本当に辛いですね。
そんな中、ひめちゃんは素敵な第二の犬生を送れて本当にヨカッタと思います!

涙がでます。
ひめちゃん、シュワンツとなに話してたのかしら?
バジル子さんに会うまでの話?それとも会ってから保護されるまでの話?
きっと全部話してたのでしょうね。
この場所に来ても怯えることも動じることもなく普通にしていられるひめちゃん。
今の暮らしがひめちゃんにとって最高に快適な証拠ですねv-238

ホントのーんびりお散歩できそうな場所ですね。
ひめちゃんとの運命の場所だもんね、シュワンツくんに思い出話も聞かせていたのでしょうね。
きっと、「山も猟も好きだったけど、今の暮らしが一番だわ」
ってひめちゃんが言っていたのだと思います。

baba-nekoさん

山の中に行こうとするする!!
すっかり元気になってパワー復活しているから血が騒ぐのでしょう。
先日、キジも鳴いていたし。
入って行ったらもう草の種だらけになって始末に負えない時期ですねえ。

チャピパパさん

テレパシー会話できる!
ほんまかいな?
具合の悪い時は話せたらいいなって思うけどうちの犬猫に話されたら
「おなかすいた!!もっと頂戴」
「散歩まだ!!」
「もっと遊ぶ!!」
「なでて頂戴!!」
とそれはそれは不満が噴出でうるさいことでしょう(*_*;)
チャッピーちゃんは大事にされているからきっとそんなことはなさそうですね。

R+Rさん

過去、何度脱走されたことか。
ひめが脱走したかと思ったら今度はシュワンツと絶対冒険の報告している!!って思ってました。
私だって学習しますからもう、そうそう行かれたりしません。
って油断するとあぶない!!

asami さん

昔、父が飼っていたセッターとポインターはやっぱり山で帰ってこなくなったきりになりました。
今思うとどちらも歳を取っていたので戻れなくなったんじゃないかと思ったりして。
父もだいぶ探したと聞いたんだけど。
ひめも捨てられたのじゃなくて疲れてもどれなくなちゃったんじゃないかなあ。
だってうちから脱走して3日目に散歩していたところよりさらに遠くで肉球はやぶれてくたくたになって人の家の鳥小屋のそばに寝ていたって。限度を考えないんだよね、ひめは。
今も行ったら行きっぱなしかも。
asami さんちのロッシ君もちゃんと仕事してるかな。
やっぱりキジ?

健太ママンさん

いいえ、ひめは「私の自由を返して!!」
って言ってるかも。だって何度脱走したことか。
当時まだ周りに家がなかったから公園でリードをはずして遊んでいると最初はおとなしそうにしていて声をかけるとすぐ反応してもどってくる。
でも実はその時をねらっているわけですよ、彼女は。
ちょっと油断しているときに公園の端に行って、私が気がついて「ひめ!!カム!!」とか「ノウ!!」とか声をかけた瞬間!!脱兎のごとく外へ飛び出し林の中へと入って行くのでした。
追いかけて叫んでもどんどん逃げるんだけど前にたちはだかるとまたまた従順を装いなにごともなかったかのように後ろについて帰って来る飼い主より一枚上手なひめなのです。

sachiさん

今の暮らしが一番と思ってなかったら姉さんはおこります!!
でも、彼女もよく室内飼い生活に慣れてくれたなって思います。
もっとも家の中のことは今でもシュワンツのまねしておぼえている感じ。
シュワンツがご飯でばたばたすればご飯かとか、おすわりしておやつならおすわりって感じですね。
もちろんいたずらも同様だけど・・・

(≧▽≦)ブハハハハ!バジル子さんの健太ママンさんへのコメントの内容、超ウケます!
しかも、その時のひめちゃんの顔、姿がすごーく想像出来る♪笑える!!!
我が家のロッシくん、足短いですがこの前立派にキジを2羽追い出したらしいです。
来週いよいよ山デビューーーで~す!ちょっと心配・・・!

asami さん

ひめ、絶対確信犯なんだから。
山デビューどうかしら?
近くに工業団地予定地があって練習しているセッターをたまにみかけます。
asamiさんちのセッター達もきびきびと命令にしたがって動いているんだろうなあ。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

バジル子

  • Author:バジル子
  • 1996年以来犬漬けの生活、1998年から犬猫毛だらけの生活へ突入
    シュワンツ:黒ラブ♂1996/4/19生
    ひめ:E・セッター♀1996年位生2007年風になる
    みゅう:猫♀1998年5月頃
    ロッシ:猫♂2003年6月頃
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
fromWAN

fromwam

最近のトラックバック
ブロとも申請フォーム
ブログ内検索
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。