スポンサー広告

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

シュワンツ

役割

いたずら、お笑い係
ロッシ1
ロッシ2

キッチン台に乗ったり、障子を破いたり、ビニール袋かぶったり。
皆さんご存知の通り。
最近のロッシは
しばらくご飯を残したりキッチン台の上に乗らなかったりしてもうそんないたずらしなくなった
と思っていたら涼しくなって復活してきた。
怒られたり、笑わせてくれたり忙しい。

みゅうは
みゅう3
みゅう
みゅう2

アイドル。
とくにバジル夫は自他ともに認めるみゅう好き。
最初にみゅう姉妹を見つけたのも彼だし。
みゅうは甘やかされているのをシッポ族達は知っているようで
みゅうがおやつのおねだりをするとみんな近寄って来る(いつももらえるとは限らないけど)
でも、夜中、ときどき化け猫に変身する。
「にゃーご、にゃーご」
と変な声で鳴く。
何かと思うとポリ袋やポケットティッシュをおもちゃにして遊んでいる。
昼はそんなもの見向きもしない。
夜中だけ。しかも変な声も。声をかけると
「みゃー」
といつもの声に変わるのだ。

シュワンツは
シュワンツ3

抱きつかれ係
バジル子が仕事で疲れた時愚痴を聞かされても黙って抱きつかれ
楽しい事があったと言っては抱きつかれ
酔っぱらっては抱きつかれ
友達が遊びに来たら抱きつかれ・・・・ちなみ上の写真は甥に抱きつかれている。
おまけに
シュワンツ2

仕事までさせられて。
感謝しているよ。
ひめがいなくなってから散歩だ、ご飯だとやたら「クークー」言ったりつきまっとたりしてうるさい。
いままでひめがいたから我慢していたり遠慮していたのが出てわがままになったのかなあと思っていた。
今日、近所の年配の方に話したら
「同じ犬の仲間が急にいなくなって寂しいんだよ。人間だってかかあ天下の方が旦那さんは楽なんだよ、(ホントか?)ひめちゃんがいなくなって心細いんじゃないの?」
さすが人生の先輩。
そうかもしれないと思った。うるさいなんてごめんねシュワンツ。
シュワンツ1


そしてひめは
ひめ1
ひめ3

バジル子のイメージアップ係
がりがりに痩せて毛もはげた犬を保護した私を
「いい人に拾われて幸せねえ」
といい人にしてくれた。
時には公園で犬の怖い子供心をなごませあげくには抱きつかせてまであげた。
(なぜか子供が寄って来てひめをなでたがったり、公園をぐるぐる走るひめを追いかけたりするのだった)
人前では大人しく従順な態度をとり躾をよく入れた飼い主にしてくれた。
看護を頑張ったと言われる飼い主にしてくれた。
でも、本当は本当にひめがいい子だったんだよね。
最初の頃はお留守番ができなくて吠えてうるさかったりしたし
脱走してよその方に保護してもらったりってこともあったし
させたばかりなのに玄関にオシッコとかしてお風呂にもゆっくり入れないから
しまいには玄関にトイレを置く事になっちゃったりいろいろ大変な事はあったけど
今思うと全然たいしたことなかった。
至らない飼い主にありがとうね。
旅立ったのが私たち2人とも仕事が休みの日でそれも土曜日。
飼い主孝行な犬でした。
翌、日曜日二人で火葬してあげる事ができました。
炉の中に入れる時はもう触れなくなると思うととても辛かったのですが
とても丁寧に扱っていただきました。
ひめのためにしてあげられる事がもうないと思うと悲しくて
花瓶やフォトフレームを買ってきたり犬友達にお礼とお知らせのカードを作ってみたりと
何かをしないではいられなくていまだに何かを探している状態です。
ペットロスなる物を実感しています。
ひめ2

ひめにあたたかいメッセージやお花をいただいて本当にありがとうございました。



スポンサーサイト

ひめ

逆光

今は月に数日だけ仕事をしている。
3日の土曜日からずっと仕事だった。
シュワンツのお腹は落ち着いたと思ったら今度はひめがお腹を壊した。
朝、起きたらおしめからはみ出し
土曜日に排泄しなかったからだろうと思っていた。
その後、2、3度したようだったがゆるいことが多いので心配無いと思っていた。
しかし、翌月曜日の朝、またしても布団を汚していて
出かけるまでにお尻を2度洗った。
心配でお昼に一度帰って来たらまた汚していた。
そのあとは夕方、夜と・・・
食欲もグンと落ちた。
立てなくなって来た。
仕事に出ても気が気ではなくて戻れそうな時は戻って様子を見たりして生きていてくれているとホッとした。
あまりにも食べてくれないのでまた肺に水がたまってしまったのか?
腎臓の値が悪くなって気持ちが悪くなって食欲が落ちてしまったのか?
と金曜日、病院に連れて行った。
血液検査、レントゲンともに前回に比べて悪くなっている様子は無かった。
胃酸を抑える薬と胃腸の調子を整える薬、そして高栄養流動食を出してもらってその日は安心していた。
翌、11月10日、土曜日、明け方汚したお尻をお風呂場で洗った。
ひめはこの日水さえも飲もうとしなかった。
なのに私は無理矢理シリンジで流動食を飲ませて薬も飲ませた。(ごめん・ごめん・ごめん)
昼過ぎ、1時頃口から血が混じったようなよだれが出ているのに気がついた。
少し息づかいも荒かった。
オロオロしている間に今度はケホッとあきらかに血を吐いた。
夫も私も休みでよかった。
あわてて病院へ電話して連れて行く。
担当のドクターはお休みだったしお昼休み時間だったけど院長先生がすぐ診てくれた。
様子を見ただけだったけど。
「ひめちゃんも、お家の方も頑張っている事は担当の先生から聞いています。でもお別れの時期が近づいてきてはいます」
ひめは頑張っている。
私なんかは全然、全然だよ。
[お別れの時期が・・・]
と言われて涙が込み上げた。
けれどそれでもまだひめはまた立ち上がってくれるだろうと思っていた。
帰りにお尻拭きを買い、シーツを買い・・・
「レノンのパパさんが人間用ののおしめが良いよって教えてくれていたみたいだったな。モナミのママさんのブログを見に行ってみなくちゃ」
なんて考えながら家に帰りひめを寝かせた。
「今日は手足は暖かい方だなあ」
と少しなでて様子を見ていたけれど何かお昼ご飯を食べようと手を洗いに行って
食卓に座りふとひめを見ると
胸が動いていない!えっ?えっ?
胸に触った。あんなに大きく感じていた鼓動が感じない。
呼吸も少し荒かったのに今は静かで・・・・・・・・・・・・・
どうして!どうして!どうして!どうして!なんでそばを離れたのわたし!!!
ごめんね!ごねんね!!
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
昔、散歩していて私が油断したすきに公園からサッとお山の方や薮の中めがけて飛ぶように軽々と走って行ったときみたいに油断した私の手から風みたいにすり抜けていってしまった。
辛かったのに病院に行ったり来たりさせてごめんね。
無理矢理ご飯や薬のませてごめんね。
お風呂場まで運んでシャワーさせてごめんね。
なでて送ってあげられなくてごめんね。
花

プロフィール

バジル子

  • Author:バジル子
  • 1996年以来犬漬けの生活、1998年から犬猫毛だらけの生活へ突入
    シュワンツ:黒ラブ♂1996/4/19生
    ひめ:E・セッター♀1996年位生2007年風になる
    みゅう:猫♀1998年5月頃
    ロッシ:猫♂2003年6月頃
カレンダー
10 | 2007/11 | 12
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
fromWAN

fromwam

最近のトラックバック
ブロとも申請フォーム
ブログ内検索
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。