スポンサー広告

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

未分類

4日、5日

10/3/31起き

4日目
昼前に会いに行く。
GOTはだいぶ下がって来た。
黄疸をみる総ビリルビンの値は相変わらず上がっているけど
「そろそろ薬が効いて来る頃、肝機能が良くなって来てから黄疸が回復していく」
とT先生に言われたので少し安心する。
前日の別な先生には重篤じゃ無いとは言えないとか肝硬変になるとかマイナスの事ばかりいわれたので本当のところは「このあとどうなって行くの」って不安があるけど回復を信じるのみ。
ご飯を食べないから家で慣れているご飯を持って来てと言われたので
夕方ドライフードと手作りご飯の肉はチキン、野菜にセグロイワシを煮たのを擦り混ぜて持って行く。
昼と違って勢いよく起きてくれたので期待したけど
臭いを嗅いだだけでそっぽを向かれる。
ドライの方は手に取って上げたらほんの何粒か食べる。
食欲の無いシュワンツは記憶が無い。

      


5日目
朝、通勤前に夫が会いに行ってくれた。
やっぱりご飯は食べない。
先生と話したとき、
「ここまで肝機能の値が悪かったら随分前から気持が悪かったはずで、急に悪くなったとしたらもしかしたら何かの中毒かも」
って。
そう言えば菜の花のつまみ食い以外に何か食べてしまったのはいつだったか?
食べたまま出て来た確認できていないビニールは関係ないかしら?

仕事を速攻で終えて肉はビーフでリンゴと白菜の花にんじんを刻んだ野菜とカッテージチーズを添えて持って行ったけど思いっきり
拒否
ドライも全くダメ。
肉は少し口に入れたけど砂を噛むって様子はこんななんだと思うような噛み方で
二口目は口から出した。
シュワンツに味覚があったとは思えないが
よっぽど不味く感じられるのか
空腹を感じないのか
吐き気があるのか。
断食をして毒素を排出しようとしているのか・・・・・
点滴をしているので脱水になる心配は無いし体重も落ちていないらしい。
こんなことならもう少し太らせておくんだった。
お散歩は嬉しそうにするって。
そうそう、入院後初めてもしたらしい。
なんだかそんなことがうれしいね。
それなりにちゃんと歩いているらしい。
入院するとき診察台の上でヨロヨロした事を思い出すと寝たきりになっているのじゃないかと心配になっていたけど安心する。
いつもケージの中で寝ている状態で会ってるとその辺りの状態がわからないから。

シュワンツ
早く元気になって帰って来ないとお誕生日が来ちゃうよ。
夫にT先生は「少し長くなるかも」って、入院が。
なんだか病院に慣れて来ちゃった雰囲気になっていたよ。
コラコラシュワンツ!だよ。



スポンサーサイト

未分類

ONE!ひとつきりの命たち

行ってきました。
「ONE!ひとつきりの命たち」
のイベント。
ペットシッターに書き置きをして
シュワンツ達に
何度も「行ってきます」をしてお出かけ。
自分でも嫌になるくらい出不精になっていたし
森絵都さん達に会うかと思うと少し緊張しちゃっていたけど
先にマリンママが「会場に着いているよ」ってメールをくれたからホッとしちゃった。

イベント犬

里親を募集中のWAN達も参加
その後の報告では里親希望のの申し込みやトライアルを始めた犬もいるとか。
よかった。
どうか幸せになりますように。
写真展は幸せになった犬と家族の写真、そして収容所の犬の写真。
ごめんなさい
収容所の犬達の写真はどうしても見る事ができませんでした。
明日にも処分!!されてしまう犬がいる事を思うと一頭でも救いに行きたいと思うけど
どうしてもどうしても収容所に行く事ができない。
トークショーでも収容所の話しとか聞くと本当にそんな事をしているのかこの子達にと・・・

イベントトークショー

イベントでお忙しいのに(すみません)森絵都さんやスギヤマさんと写真を撮ってもらったり素敵なタイルまでいただいた。

タイル

森絵都さん作だって!!
会場には高さ30センチはあったかと思うけどタイルを貼付けた犬と猫の置物もあって
それも森絵都さん制作だって。
素敵だったよ。
写真撮って来るの忘れた~
マリンママややっぱり会場に来てくれたasami さん、モカママさんもスギヤマさんにWAN達の似顔絵を描いてもらって凄く喜んでいた。
みんな、少しでも不幸な犬達が減ってくれる事を心から願っているんだよね。

そんなこんなで家に帰ってきてシュワンツの散歩をお願いしたシッターさんの書き置きは
「シュワンツはまるで目が見えているように歩きますね。
食事はシュワンツとみゅうだけ食べました
ロッシは一度出て来たのですがすぐに2階に上がってしまいましたのであげていません」
やっぱり~
「食い気に負けてニャン族が出て来たらご飯をあげてください」
と用意して行ったのだ。
ロッシは出て来ないと思った。昔は人見知りしなかったのになあ。
でもひょっとしたらみゅうは・・
と思っていたがやっぱりね
普段人が来るとすぐ隠れるのに
「知らないおじさんからご飯もらったのねえ~!!」
どんな顔してもらったのか今度きいてみなくちゃ。

未分類

イベントがあります

イベントがあります
こんにちは
イングリッシュセッターのロッシです。
7月3日、4日にひめちゃんの事を新聞に書いてくれた森絵都さんたちのイベントがあるんだって。




僕らも行こう
やあ、久しぶり。ジャックだよ。
「いべんと?」
なんだかわからないけどおいしいものかなあ?
楽しそうだから僕らも行こう!!




僕らは行けないの
ぼくらは「ご遠慮ねがいます」だって、グスン



つまんないぶ~
なんだあ、つまんないboo~
おねえちゃん、おみやげもってきてね。



と言う訳で
asamiさんから注文をいただいたカラーを着けたジャック君&ロッシ君の写真を送っていただきましたらとても男前なので今日は大事なお仕事をしてもらいました。


7月3、4日
「ONE!ひとつきりの命たち」



森絵都さんと犬猫の保護、譲渡のボランティア活動をされている田辺アンニイさんの本の出版記念及び犬達の為のチャリティーイベントです。
3日は13:00~19:00、4日は11:00~18:00
一ツ橋の毎日ホールでサイン会や対談トーク、里親探し中の保護犬も参加予定だそうです。また、ひめのイラストを描いてくださったスギヤマカナヨさんが犬の写真を持って行くと即興で似顔絵を描いてくれるコーナーもあるようですよ。
私も微力ながら手作りの物を提供する予定です。
どうぞ皆さんもお出かけください。


未分類

血液検査です

こんにちは
こんにちは、シュワンツです



先週病院へ行きました
先週の土曜日フィラリア予防のお薬をもらいに病院へ行きました。
いつもひめの事を診てくれていたT先生に診てもらうんだけど
誰かが予約をするのが遅くて取れなかったからそのまま行ったんだけど
すごく混んでいたよ。


ごめんごめん、混んでるシーズンだとは思ったんだけど
つい、ギリギリになっちゃって

匂いかぎかぎしました
思わずあちこち匂い嗅ぎ嗅ぎしちゃったけど
若い頃よりは落ち着いたもんだよ。


ほんとだね、昔は他のワンちゃんがいると
「あそぼ~」とか「ケンカ売ってんのか!
とかになっていたけど老人力のおかげでお利口だったね。
まあ、嬉しいような、寂しいようなビミョ~な気持だけど

ボクは上手でした

だいたい元気なら
「おとなしくしなさい」って言うし
おとなしいと
「元気ないね具合がわるいの?」って言うし
いったいどっちなの!


だって昔はほんとに元気君で大変だったんだから。
昨日だって幼なじみのブラウニーママが遊びに来てシュワンツを撫でながら
「こんなに落ち着いて撫でてあげられたことなかったね」
って言われてたじゃない。

そんな昔の事は覚えていないし

都合の悪い事は忘れるんだよね。



怖がっている子もいました
診察室に入るのに「いやだ~」ってダダをこねている子がいたり
みゅうみたいにかごの中で「ニャ~ニャ~」って鳴いてる猫とかいてその猫の鳴き声につられて
「ワオ~ン」って遠吠えしている子がいたのには笑っちゃったよ

ちょっと心配なこと
診察台の上で採血されたとき看護婦さんに

「大人しいね」
ってほめられたのに
「恐がりで固まっているんです」
なんてバラすことはないんじゃない!!男のプライドっちゅうんもんがわかってないんだから

そうかあ~それで少しすねていたのかあ。

聴診器を当てた先生、外した後
「・・・・」
一瞬間があったから
まさかひめのときみたいに心臓に雑音が
ってちょっと思ったけど
「だいじょうぶですね」
って、言葉をためないでよ先生!!
しかし、血液検査では赤血球容積が許容範囲の最低「37」まで下がっていて腫瘍、貧血(炎症、出血、などによる)による原因が考えられるとのこと。
ただ、体重は前回より増えているし普段の様子も変化がない、年齢的な物もあるし、値もとりあえず許容範囲以内なので少し様子を見ると言う事に。
秋ぐらいにまた検診する事にする。

フガ~
さすがに少し疲れて帰って来てから
「ふが~~
と思いっきり寝たのでした。
みんなはもうお薬飲んだかなあ。みんなこの夏も無事に過ごせますように・・ス~ピ~

スピ~


未分類

100歳までも・・

98年に脳溢血で倒れてから半身不随になり10年間、病院そして特別養護老人施設での生活を送っていた夫の父。
その間何度か危ないかもと言われて駆けつけたこともあったけどその度に回復して
「お義父さん強いから100歳までも生きていられるね」
と話していたけれど先日享年91歳の人生を閉じた。
最後の10年は不本意だったかもしれないけど楽しい人生でしたか?お義父さん
お義父さん



未分類

お別れ

よく言う人生の半ばって言う年齢にもなって来るとお別れする事が多くなってくるのはしかたがないことでしょう。
それは突然やって来るかもしれないし。
だから楽しい計画とか思い立ったらすぐにでも行動しなくちゃと思うんだけど実際には暖かくなったらとか、来年には、とかなかなか実行できない。
だけどせめて愛する気持だけでもいつも伝えておかなくちゃと思う。






プロフィール

バジル子

  • Author:バジル子
  • 1996年以来犬漬けの生活、1998年から犬猫毛だらけの生活へ突入
    シュワンツ:黒ラブ♂1996/4/19生
    ひめ:E・セッター♀1996年位生2007年風になる
    みゅう:猫♀1998年5月頃
    ロッシ:猫♂2003年6月頃
カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
fromWAN

fromwam

最近のトラックバック
ブロとも申請フォーム
ブログ内検索
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。