スポンサー広告

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

シュワンツ

3日目

落ち込む更新したく無いんだけどしかたがない。

シュワンツは昨日の昼、夜ご飯はなんとか食べたって。
けれど昼に行った時はそのままのフードが置かれていた。
昨日よりだるそうで撫でてあげてもすぐには顔をあげなかった。
肝臓の働きをみるAST(GOT),ALT(GPT)はそれぞれ735と692に少しは下がっていた。
前回は1000以上で計れないくらいだったから安心してたら
でも、それより深刻なのはビリルビンと言うものの数値。
前回1.3から4に悪くなってた。
黄だんが強くなって来た事だって。

白目の部分や皮膚が黄色くなる「黄疸」は、
血液中のビリルビンが増えるために起こります。

ビリルビンは、寿命を終えた赤血球中のヘモグロビンが変化してできる黄色の色素で、
通常は胆汁の成分として肝臓から十二指腸の送られた後、便とともに排泄されます。

ところが、肝機能の低下や「胆道系の病気」があると、胆汁が十二指腸へ出られず、
行き場のなくなったビリルビンが、血液中に大量に流れ込み、黄疸が現れてきます。


そういうことか~って感心している場合じゃない。

そして炎症の程度を計るCRPの値が上がってしまった事。
どちらも点滴しているのに値が悪くなっているのが心配。
今がピークなのかそれともまだ上がるのか・・・・
なにが原因でなったのか、隠れた所に腫瘍があるのか突き止めることは難しいため
免疫力を上げてあげるような治療らしい。
もう少し抗生物質など薬の点滴をしながら検査をして場合によっては肝臓の組織を検査しましょうみたいな事を言っていた。

シュワンツにうっとうしがられてもそばにずっと付いていたい。
連れて帰ってあげたい。

帰りにもう一度シュワンツの顔を見たら涙が出そうになった。
く~!!
なんだって涙もろいんだ!!
少しくらいの動揺に負けない強い心の人間になりたい!!

NoTitle

大丈夫!大丈夫!大丈夫!
私も健太もシュワンツ君が帰って来るの待ってるからね。

NoTitle

すぐに家に帰ってくるよ。大丈夫。
って、いや、きっと私だって、連れて帰りたくなるに決まっている。
こっちから、野生児のパワーを送るよ。
お大事に。

NoTitle

こんにちは~。
シュワンツ心配ですね。。。
じつは、モカも去年の11~12月にかけて貧血&黄疸だったのです。きっかけは膀胱炎でした。でも膀胱炎で黄疸にはならないらしいので、腫瘍か自己免疫性貧血ではないかと言われとても不安でした。
なのでバジル子さんの気持ちがよ~くわかります。でも、モカも復活できたのでシュワンツも絶対復活できる!

早く元気になれるように祈ってます。

がんばれ!シュワンツ!!

こんなときはみんな同じだと思います。
しっかりしなきゃ!とか強くいなきゃ!って思っても中々そうはいかないですよね。そんな中、バジル子さんは立派にやってると思います!

病院に置いていくのは本当に辛いし不安ですね。
でも、きっとシュワンツもそんな不安に耐えて早くお家に帰れるよう、がんばっているのだと信じています!

シュワンツ!!
早くよくなってお家に帰ってきてね!!

励ましありがとうございます

今の所見た目は大きな変化もなく私の気持も落ち着いてきました。
でも、励まされるとまたぐっと胸に込み上げて来ちゃうな~
シュワンツ共ども深く感謝しております!

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

バジル子

  • Author:バジル子
  • 1996年以来犬漬けの生活、1998年から犬猫毛だらけの生活へ突入
    シュワンツ:黒ラブ♂1996/4/19生
    ひめ:E・セッター♀1996年位生2007年風になる
    みゅう:猫♀1998年5月頃
    ロッシ:猫♂2003年6月頃
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
fromWAN

fromwam

最近のトラックバック
ブロとも申請フォーム
ブログ内検索
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。